年齢肌にはクレンジングバームが一番!ダブル洗顔も不要だから使うごとに美肌に近付く!

「年々お肌の悩みが増えていく…」

 

そんなあなたにお聞きします。

 

「今、クレンジングと洗顔でダンブル洗顔を行っていますか?」

 

答えがもし「YES」なら、その洗顔はすぐにやめて、ダブル洗顔不要のものに早めに切り替えてみてください。

 

オススメはビュールの「クレンジングバーム ハニー×オレンジ」です。

 

 

ダブル洗顔を続けていると…

 

「クレンジングと洗顔は別物。一緒にはできない!」
「ダブル洗顔不要のものを使っているけど、やっぱり後から洗顔してしまう…」

 

という方は、少し考え方を変えてみた方が良いですよ。

 

そもそもお肌をキレイに保つためには、

 

・日々のメイクをその日のうちに残さずしっかりオフすること

 

というのは第一条件になりますね。

 

でも、洗浄力が強いクレンジングって、メイクはしっかり落とせても、お肌が必要としているものまでバッチリ奪ってしまっているんです。

 

例えば「潤い」

 

でも、クレンジングの洗浄力を持たせながら、お肌の潤いを守ることって、とっても難しいとされているんです。

 

ましてや強い洗浄力のあるクレンジングでメイクオフした後に、さらに洗顔までしていたら、お肌はいったいどうなっていくのか…

 

だいたい想像がつくかと思いますが…

 

「キツイ成分を使ったクレンジングを使用して、さらに洗顔を日々続けたお肌の断面」

 

こちらの「ビュールクレンジングバーム キャンペーンページ」内で画像が紹介されているので、ぜひご覧になってみてください。

 

 

 

ちなみにビュールのクレンジングバームのように、お肌に優しく、年齢肌に合った美容成分が配合され、さらにダブル洗顔もせずにキレイを保っているお肌画像は、

 

「くすみ・シワがケアできていて、肌の断面にキメ・潤いがあり、透明感が出ている」

 

として紹介されています。

 

年齢肌にはバーム状が一番いい!その理由とは…

 

クレンジング&洗顔って女性なら毎日行うお肌のケアですよね。

 

でもあなたが毎日ダブル洗顔を続けているのなら…

 

そう、さきほどの画像のように「見た目印象が老けていく」結果を辿るだけ…

 

逆にダブル洗顔をやめてきちんと年齢肌ケアができていれば

 

「マイナイス5歳肌」

 

だって夢ではないんですよ。

 

でもそんなマイナス5歳肌に、どうしてビュールはバームクレンジングを選択したのか…?

 

クレンジングっていろんなタイプがありますよね。

 

オイルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプ、クリープタイム、ミルクタイプ、シートタイプ…

 

たくさんの種類がある中でどうして「バーム状」が良いのか?

 

洗浄力が一番優れているのは「オイルタイプ」だというのが一般的ですが、オイルタイプには「合う・合わない」の個人差も大きいですよね。

 

実際私もビュールのクレンジングバームを使用する前は、某有名メーカーのダブル洗顔不要のオイルクレンジングを使っていましたが、肌が敏感な周期に入ったり、疲労が蓄積された時には、すぐにオイルが反応したものです。

 

洗浄力が強い分、お肌への刺激となって出てくることがあるんですよね。

 

さらにオイルタイプの場合は、後のスキンケアにも気を付けないと、オイル過多になってお肌の皮脂分泌状態が悪くなってしまうこともあります。

 

お肌が丈夫な人や格別に乾燥する方などなら安定して使用することができるかも知れませんが、それでも、

 

「年齢肌にはバームクレンジングが最適」

 

だと言われているんです。

 

 

オイルにはさきほどのデメリットがありますし、他のタイプとバームの違いは…

 

「トリートメントケアができる」

 

という点が大きいんです。

 

オイル以外でもダブル洗顔不要のものがありますが、

 

「いつまでもカスが出ることなくお肌表面をツルツルスベスベとトリートメントケアできる」

 

というのはバーム以外にありません。

 

これはつまり、

 

「非常に短時間でお肌の細かい部分までメイクオフすることができるから、ダブル洗顔不要でお肌への負担が少なくて済む」

 

だけでなく、

 

「トリートメント効果によって、年齢肌ケアが同時にできる」

 

ということになるんです。

 

この年齢肌ケアですが、ビュールのクレンジングバームなら名だたる美容成分がたっぷり!

 

 

ダブル洗顔なしでお肌の負担を軽減しながら、美容成分によるトリートメント効果によってマイナス5歳肌を目指せる!

 

 

これこそ40代からの理想のクレンジングではないでしょうか?

 

43歳肌でも、洗い上がりはふっくらと、さらにトリートメント効果によって、お肌のキメ・透明感にも満足です。